59.2kg シゲチャンランドたずねて「最期に生きる場所」について考える(*^・ェ・)ノ

IMG_5545.JPG

シゲチャンランド話3日目…3日も書きたくなってるのは東京で活動していたシゲチャンこと大西重成さんが50歳で故郷である津別町へUターンしてきた気持ちにすごく関心あるからかも。
1人で帰ってきたならまだしも、ココさん(シゲチャンさんの奥様)もよくついてきたな~と。
シゲチャンさんはどういう話をしてココさんを北海道へ連れてきたのだろうかと。


私は北海道生まれだけど学校卒業後は東京や千葉で26年生活してきて、寒さ苦手だし北海道には絶対帰らない・帰る理由がないと思っていた。
だけど3年前48歳で北海道へ戻ってきた。

IMG_5744.JPG

戻ってくることを考えるようになったきっかけは、2010年母が亡くなり一人暮らしになった父がだんだん体の動きが失われていくという難病にかかってしまったのがわかったから。
決して「北海道の自然が恋しくなったから」などという「北海道だから帰りたい」というものではなかった。

宝くじ当たったら(買ってないけど…)という夢話なら「老後は温暖な気候の千葉・房総方面か熱海の温泉付き住宅なんかに住めたらいいなあ~、一人暮らしは寂しいからカラオケ・温泉付き老人ホームがいいかな♪ヤシの木見ながら毎日ニコニコ暮らしたい」なんて友達と話をしていたので、父のために北海道へ帰る…それでいいのか?後悔しないか?自分の人生なんだよ?と自問自答を3年くらいした。

それまでの認識では【北海道=半年は寒い時期】だから帰りたくない…というか、住みたくなかった。
【絶対住みたくない】と思っている自分分子と【父の最期を放置でいいのか?】と責めてくる自分分子が毎日のように議論している感じで、好きでずーっと書き続けていたブログ記事更新が1年8か月ストップするほど能天気思考がかたまるほどだった。

IMG_5679.JPG

そんな思いを経て自分の中のいろんな分子が納得し「よし!関東引き上げて北海道へ帰ろう!」と決まり、北見に住みだしてすぐから焼肉愛ちゃんと愉快な仲間たち~と出会えたり、それぞれ一人ずつだけど中学時代・高校時代からの友達とも交流は続いていたのもあったりでつながりはどんどん広がり「楽しい」と思える生活になった

20201026シゲチャンランド3.jpg
↑ちゃっぴーのお父ちゃん撮った写真、これいいね~♪

それでも最初の年は寒さで左手首→肩→腰と痛くなって職場の階段まともに上れなくなったり鼻炎がひどくなったりして「…私毎年冬はこんなボロボロになるんか???」と奈落の底へ落ちた気分だったけど、年々私の体は寒さに強くなってきた。
ムツゴロウさんが動物をめちゃくちゃほめるように、自分のカラダの適応力・自律神経やる気スイッチをほめてあげている

IMG_5614.JPG

私の考えていることや体験なんてちっちゃなものなんだけどジモコロというサイトの「2年間書けなかった。自分と向き合うシゲチャンランドの旅」というインタビュー記事でシゲチャンさんが
自分の強度を高めないと人に優しくできないし、おれは弱い者同士でくっつくのはあまり好きじゃないんだよね。
人としっかり繋がり続けるためには、自分をしっかり鍛えて、自分の足で立たないといけないと思う

自分の中にあるものを引き出して、自分で使ってあげないと誰が見てくれるの?って話じゃない。
自分を好きになるのは、自分しかいないからこそ、自分を大切にしないといけないのよ
と語っていて「うんうん」と励まされている気になった
を書いた柿次郎さんという方、2年温めて記事を書いたという。
2020年11月、「再会」追記予定だという。
私も何年かかけてじっくりシゲチャンランドを味あわせていただこうと思う。

そんな場所に出会えてラッキーだ

シゲチャンさんが北海道へ帰ることに強く影響したという「なのなの族」という作品。
ナノナノ族.jpg
同じポーズとってみたら、なんかすーっとする気がした

3年前から実家に移り住んで父のヘルプ中心生活になり。
考えたくないけど考えなくてはならない「父がいなくなってからの自分の生活」…私は実家を出て買い物に便利なところへ移り住んだ方がいいのではないかという思いがある。

IMG_5841.JPG

うちから歩いて20分ほどで行ける唯一のスーパーが今年10月下旬で閉店してしまった。
今はいいけど車の免許返納したら買い物ができない。
あのスーパーを頼りにしていた車なしの方々は今後どうするのだろう。
宅配サービスがあるからいいのかな。
一度お試ししたけど…配達してもらう分ちょっとお高めになるし、やっぱりスーパーの商品見て歩いて「あ!これ食べてみたい!」って思う気持ちも大切にしたいなあ。

IMG_5744.JPG

買い物に便利なところへ引っ越すとなれば…当然だけど今の近所の方との交流はなくなるし、まったく私は手をつけていないけど100坪ほどの広い庭はなくなる。
私はアーティストではないけど庭にアルパカモチーフの作品飾って、カーテン開けるたびに「おはよ~、アルパカちゃん♪」って思える生活送るのもいいなとか、今みたいにうちの庭で近所の方が野菜を育ててくれておすそ分けいただいたりする交流って幸せだよなとか考える。

IMG_5735.JPG

老後買い物便利なところへ引っ越すのか、思い出詰まった実家にずっと残って自然に帰っていくか…私の決めたいことなんて小さなことだけど「最期」は一生に一度のこと。
シゲチャンランドを何度か訪れることも考え方にスパイスをもらえる気がして、来年も絶対行こうと今からワクワクしている

20201026シゲチャンランド.jpg

今日の津別町は雨降りで明日も雨がちょっと残るかな。
でも現時点で31日は晴れの予報、私は月末仕事真っ最中で行きたくても行けないけどシゲチャンランド今季営業最終日。
キラキラした写真が撮れるかもですよ~
IMG_5530.JPG

入り口のチケット売り場でシゲチャンさんチケットもぎりをしているのだけど…
IMG_5572.JPG
シゲチャンランドができて数年はどこの誰が何をしているのか知れ渡っていなくて「おじさん、こんなところにいなくても阿寒に良い仕事あるから紹介するよ?」と声かけられたこともあるんですって

若い頃は結果を早く出したいという思いがあってそれが若さゆえのパワーにつながってもいるのだろうけど、たいていのことは急がなくていいんだよ。
「早く!」と責め立てられると焦りや落ち込みに支配されてしまうよね。
「早く」が第一の目的ではないはず。

122769995_719343172270321_6470766833210750052_n.jpg

私は勝手にそんなメッセージをもらっている気になるシゲチャンランドなのでした


ってことで、目標体重57㎏台もゆっくりでいっか~ってことにつなげちゃう

昨日の体重60.1㎏だったけど、今日の体重たちは夜勤仕事休みでむくみ流せてマイナス900g、やったね
CENTER_0001_BURST20201029062655270_COVER.JPGCENTER_0001_BURST20201029062701674_COVER.JPGCENTER_0001_BURST20201029062707240_COVER.JPGCENTER_0001_BURST20201029062712546_COVER.JPG

ななん、休みに付き合ってくれてありがと~
35442.jpg


ではでは雨の中父の歯医者付き添い日だけど今日もはりきって楽しみます~


よろしければ、「読んだよ~」元気玉ぽちっとしていただけると嬉しいパワーになりますっ
ありがとうございます


この記事へのコメント