59.8kg 振り返ればあれもこれも今に必要で…今までがあって良かったなあ…マスクしていて良かったなあ…

HORIZON_0001_BURST20200505103624400_COVER.JPG

仲間内で7日間本を紹介するという6日目は、菅沼憲治さんの「セルフアサーショントレーニング エクササイズ集」

2008年~2012年まで就職支援講習仕事の請負がメインだったのだけど、当時リーマンショックの影響もあって企業の合併も相次ぎ、それに伴い退職した人も増え、人気の一般事務系の仕事だと100社前後応募して1件か2件面接までたどりつけるかどうかってときだった。
フリーランスになる前はパソコン教室のパソコンインストラクターだったので分類はパソコン教える講習だったのだけど、自分にしか書けないような履歴書など準備したり、面接で強力な自己アピールする準備のため、自己分析の時間もふんだんに盛り込んでほしいという講習依頼内容だった。
ハローワークで「ジョブ・カード作ってください」って言われだした頃ですわ。
19732329_1674533705942509_5921022095848458646_n.jpg

自己分析~??なんて思って本屋さんいっていろいろ読んでみたけど、この本が一番講習に取り入れやすいし面白いなと思って買った

学校卒業してからまだ就職できていないという若い方や、今まで管理職だったという中高年の方、再就職できることならしたいという80代の方までいろんな方がひとつのクラスにいて「まとめるのが大変!」と初めの頃は講師仲間と言っていたけど…。

単純にパソコンの講習だけ淡々と進めるのではなく自己分析の時間があって発表し合い、それに対するフィードバックをしてもらうことを経て、「今の若い方はそういう苦労があるんだね」とか、「年をとることが憂鬱だったけど素敵な人生の先輩に出会えて良かった」とか、普段なら交流深まる機会がなさそうな年代の方々が休み時間に和気あいあいとなり。
3か月・4か月の講習修了時には涙のお別れとなるくらい「絆」みたいのが出来上がっていました。

この本自体2008年出版のもので、その後いろいろ自己分析系の本は出版されているけどこの本は私の仕事の相棒だったなって思える本

私の自己分析でわかったこと…私の弱点である運動音痴は幼稚園のときから顕著で、走れば遅い、どんくさい、などなど小学校卒業まで男子にからかわれるが多く、中学・高校では球技大会などチーム組むような時間で「あちゃ…私が入ったチームに迷惑かけちゃうな…イヤだろうな~私がいると」と落ち込んでいた。
振り返ると、人生で挫折味わうのが早かったため、ある意味開き直るのも早かったのかと思われる。
そう考えると、今の能天気さは子どもの頃からの極端な運動音痴のおかげなんだろうなと思えて、運動音痴にさえ感謝したくなる

挫折ってしたくてするものじゃないけど体験すると何らかのバネになるんだなって、いろんな人の話聞いても思うなあ。
うんうん。


話変わりまして。
私が一番太っていた時は2017年4月で69.9㎏だったのだけど、2017年2月にフォークリフトの技能講習受けたときの顔写真がまん丸っ
19875268_1674533735942506_4672744139611219376_n.jpg 19875609_1674533659275847_5144538752691916427_n.jpg
2009年の写真と比べると一目瞭然のあご周りだね~
あ~、もうフォークリフトの動きが可愛くて仕方なくて北海道だったらどこかで乗らせてくれるんじゃないかと思ってとったのだけど、このままペーパーで終わっちゃうのかな~


今日の体重たち。
DSC_0938.JPGDSC_0939.JPGCENTER_0001_BURST20200510175829634_COVER.JPGCENTER_0001_BURST20200510175836892_COVER.JPG


2、3日前なんだけど車に乗ってラジオ聞いていたら、母の日にちなんでなのかな??お母さんの面白い話を紹介していた。
スマホの使い方教えてって職場で言ってきたおばちゃまがいて、そういうの得意そうな若い女性が「あ~、私iPhone(アイホン)なので少し違いますね」と対応したところ「ああ、私のアンドロメダだからね~」とおばちゃま答えた。
という話に吹き出し、郵便局のATMで順番待ちしていたときに思い出しちゃって顔がどうにも笑ってしまった。

マスクしていて良かった…と心から思った

どこぞの誰かは存じませんが、笑える幸せ時間をありがとう!!


心も体も生き生きと生きたがっているっ
空腹感と戦うことなく、キツイ運動することなくゆったり58㎏目指し中
応援ぽちっとなしてくださいますと、本当にもう単純に嬉しいです


この記事へのコメント