60.3kg 昨日は美味しい楽しいBDお食事会ヾ(≧∀≦*)ノ〃 流れよくするダイエットのスタートは…

20200222美味しいBD.jpg

昨日は、焼肉愛ちゃんと愉快な仲間たちのお誕生日お食事会だった

お誕生日の主役が来る前に着々と料理の準備をしている焼肉愛ちゃんたち…
8.JPG

を横目に、私は初めて見る「ハンバーガーショップ KNUCKLE」(北海道北見市端野町二区451-9)さんの超超超大きなハンバーガーに気を取られていたわ

4.JPG
「あっかんべー!」ってされてるみたい

主役登場、着席ってことで、着火
10.JPG

おめでとー
11.JPG

セレモニー後は、美味しいお食事会
キムチ鍋大臣がいたので、美味しいキムチ鍋が食べられた
17.JPG
千切りしょうがもたっぷりで、しっかりダイエット鍋だったわ~

他にも持ち寄り美味しいお料理が
16.JPG
野菜におからに…って、ダイエットによさげよ~

特に驚いたのが、主役が持ってきたこのサラダ。
19.JPG

酢のドレッシングかけてみんなで混ぜ混ぜしたら、下の方から美味しい~味付けされたひき肉が出てくる出てくる!
12.JPG
初めて生の白菜を食べたけど、これ、無限にいけちゃうわ~ってくらい美味しかった

みんなお料理持ち込んでいるところ、私は自宅近くのお菓子屋さん「圓泉堂菓子店(まるせんどうかしてん)」(北海道北見市相内町135−19)の一番人気商品を買ってきた
13.JPG
焼肉愛ちゃん、「熊さんの初恋ようやく食べられる~」って喜んでくれた、良かったわ

焼肉愛ちゃんの同級生たちの集まりに、6歳年上の私も混ぜてくれてありがとう~
20200222BD.JPG
私、食いしん坊で良かったな~ってこういうとき思うわ


「ダイエットの仕方がわからない、教えて」と言ってきた友達に向けて、私の今のダイエット方法がスタートしたときの話を書きまする

30代前半、ストレス太りして初めてダイエットを意識したとき、方法なんて知らないから単に食べるの減らしてたくさん動けば痩せるものだと思っていた。

それ以外、何があるのだ?って感じだった。

歯を食いしばる気持ちで食べることを遠ざけて、もともと特別な運動はできないのでとにかくたくさん歩いていた。

気軽に「食事行かない?」「お茶しない?」っていう友達の誘いをどうやって断ろうかとか、実家帰ったら母があれ食えこれ食え言ってくるんだろうな憂鬱だな…とか、そんなことばかり考えて人付き合いを避けるようになっていった。

そのときは、今と大違いで多くの人がやっている範囲の「食べないで動く、カロリーを意識する」ダイエットを実行していたんだと思う。
たしかに3㎏くらい落ちた。
でも、「3㎏落ちたんだし、たまには少しくらいご褒美に食べてもいいかな」ってちょっと普通の量食べたら5㎏リバウンド…を繰り返していた。

食べる量を減らし続けると、カラダが少ないエネルギーでも生きていけるモードになるなんて知らなかったんだもの。。。
モードが違うから、「少しくらいのご褒美」でもすごいエネルギー貯蔵にまわされる。

カラダとしては、以前より細々としか栄養が入ってこなくなったことに危機感を持って省エネモードに切り替わるらしい。
人間が飢えに苦しんだことがある歴史があるから、遺伝子情報に組み込まれているらしい生き残るための大切で強力な仕組み。
いつもどかんと栄養が入ってくるなら使う分だけとっておこ~ってなりやすいんだけど、食を細くしちゃうといつもよりどかんと栄養入ってきたら、もったいないから使わないでとっておこうってなるらしい。

私がカロリー計算しないのはそういう理由から。
ギャル曽根さん見てもわかるように計算通りにいかないものだもの。
でも、「これはこんだけカロリーあるんだ~っ」て知るのは好き

だから、ダイエットだからと言って食べる量を減らすなら、ずーっとその量で満足できるという量までにしたほうがいいんじゃないかな~って思う。
望む人づきあい範囲や、ライフスタイルも含めて
自律神経や本能と対立せず、「これくらい食べるのが普通という状態でいたい」というの大まかに設定して、その上で心とカラダの流れをよくするアプローチをプラスしてみたらいいんじゃないかい?ってのが私のダイエット
無理をしないからスローな展開になるけどね。
結果を早くと急ぐ必要ないので別にいいのだ


もともと食べることが大好きだった私が食べるの我慢するダイエット続けていたら、人付き合いは避けるようになったし、食べ物からむといつもイライラするようになって「これ、美味しいよ、食べれば?」って家族に言われると「ダイエットしてるっていってるじゃん!」ってキレるようになった

そして何度も書いちゃってるけど、低血圧だったのが高血圧になってしまっていた。
おそらく食べたいのに食べられない、食べるの我慢しているのにみんなどうして誘ってくるの~???っていうストレスのせい??

で、心入れ替えて「もうダイエットはどうでもいいから、イライラするのやめよう。高血圧対策に専念しよう。」と思っていつもニコニコできるよういろんなこと考えて、血液サラサラとかむくみ対策していたら、あんなにダイエット!ダイエット!って頑張っていた時は3㎏痩せては5㎏増えだったのに、20日で5㎏ストンと落ちた。

ダイエットしているつもりないのに5㎏も落ちたので、死ぬのかと思った。

でも、体調はすこぶる良かった。

「もしかして、血液とか体内水分とか、そういった流れをよくすれば体重って減るの???」

2005年、「心とカラダの流れをよくすれば体重って落ちるんだな~ダイエット」に気付いたのはそういう流れだったのでした

焼肉愛ちゃんたちとお食事会してから夜勤仕事へ…夜食は訓子府カツ丼
15.JPG

そして今日の体重たち。
20200223体重たち (4).JPG20200223体重たち (1).JPG20200223体重たち (3).JPG20200223体重たち (2).JPG
この体重は焼肉愛ちゃんたちと楽しい時間を過ごしたからというのもあるし、職場で3時間皿拭き手伝ってきたっていう仕事運動アプローチのおかげもある
同じ行動したとしても、「付き合いだから仕方ない」って焼肉愛ちゃんたちと食事したり、「仕事だから仕方ない」って嫌々3時間も皿拭きしていたら体重増えていたかも知れないなって思う。

太る理由は人それぞれだから、体重落ちるアプローチも人それぞれ。
ストイックなダイエットのほうが成功するという方もいるけど、私は心が楽しく流れよければ体重が減るタイプなんですわ


ではではそろそろ寝ます~


心も体も生き生きと生きたがっているっ
空腹感と戦うことなく、キツイ運動することなくゆったり58㎏目指し中
よろしければ応援ぽちっとなしてくださると、今日もお食事会楽しめそうです



この記事へのコメント

  • ゆう

    こちらこそ長いお付き合いありがとうございます(*´ω`*)
    気づけばそんなに時間が経ってたんですね。今考えるとあの頃は痩せてましたねw
    どんどん太るーwまぁ年なりに脂肪も必要なところにはついててもいいんですけどね。健康一番ですね。
    本当!楽しくワクワクしてるとやっぱ体内の流れが動くんでしょうね。食欲もひどい事にならないし。暴走せずすみますね。
    れいれいさんは前から話す仕事とかカラオケとか温泉とか楽しい会合の後は必ず体重動きますよね。
    ただ環境が変わると動かず増えますよね。
    それって手術前からですよね。体質はあんまり変わってないですか?
    私も手術前からそんなには体重変わってないので体質が・・・とかではなくただ年齢的に筋肉が落ちやすいとかもあるけどなんか体重の増減が少ないんですよね。
    だかられいれいさんの増減は驚きです。
    2020年02月24日 13:03
  • れいれい

    ★ ゆうさんへ ★
    気付けばそんなに時が流れていた…というの、多くの方が感じることなんでしょうね。
    若い頃はまだ長く生きていないから昨日とか明日とか短いスパンで頭にきた!とか楽しいコトしかしたくない!とか考えるけど、ある程度人生後半に入ってくると「人生一度きり」と実感して何を大切にしていきたいかなんて意識したりして。

    大変な状態を経験したゆうさんは私より実感していると思いますが、やっぱり健康一番ですよね。
    私が20代のときは深刻な状態じゃないけど喉や腹膜炎で入院もしたしやたらと病院行くことが多かったけど、それでも「面倒くさいなあ」くらいにしか考えていなくて「健康一番」なんて発想にならなかった。
    みんながみんなじゃないけど、若いときは体力もあるし復活も早い人が多いから、2~30年生きたくらいじゃ健康のありがたさってわかりづらいかも知れないですね。
    だから余計に思います。
    若いときに無茶なダイエットしてせっかくの健康状態を壊さないでほしいなって。
    食べないでいると考え方や性格まで変わってしまうこともあるから気を付けてって。
    タイムマシンがあったら食べないダイエットして性格ねじけた自分に伝えに行きたいですわ(o ̄∇ ̄)o
    まあ、もともと根性なしの執着心薄いタイプなので食べないダイエット方法に見切りつけるのも早かったからいいけど、きっかけは高血圧。
    そう考えると体重落とすだけで正常範囲になる程度の高血圧にしてくれた誰かに感謝だわ。
    2020年02月24日 19:43